zakkyの雑記☆

ずぼらワーママの思考回路。日々のつぶやき・ぼやきです。

理想のお母さんとは何ぞや?

自分の中での「理想のお母さん像」に悩まされてる。気がする毎日です。前の記事で「お母さんになるのが夢ではなかった」と記載したけど、確かに夢だったか?と問われると夢ではないが、「いつかお母さんになるであろう」という漠然とした意識は持っていた。

zakkynozakki.hatenablog.com

実は子供が好きな方ではなく、「まぁ子供育てる機会があればいっか」くらいの気持ちで子育てに臨んでいるが、その割には「お母さんはこうじゃなきゃいけない」という自分の中の理想のお母さん像というのがあるから、とても難儀な感じ。自分が思い描く理想のお母さんとは?

  1. 子供のことを1番に考える
  2. 子供にやさしく接する
  3. いつも笑顔
  4. 怒鳴らない
  5. 褒めて育てる

実際このようなお母さんは存在しているのだろうと思う。でも自分の実際はというと・・・

  1. 子供のことも考えているけど、やっぱり自分のこと(予定など)を優先させてしまう。
  2. やさしく接しているのか分からない
  3. 機嫌が悪い時もあるよ
  4. 怒鳴ってばっかりいる。ご近所さんに怒鳴り声が聞こえてそうで怖い
  5. 褒めれるところは褒めてるつもりだが、出来てないじゃん的な発言をしてしまうことも。褒めるって難しい

こんな感じ。 ほんとはもっと優しく接したいし怒鳴りたくもない。いろんなところに連れて行ってあげたいけどめんどくささの方が先に立ってしまっていて申し訳なく思う。